Home > 離婚相談FAQ > 財産分与のみ受けて協議離婚に応じました。新たに慰謝料を請求できますか?

離婚相談FAQ

財産分与のみ受けて協議離婚に応じました。新たに慰謝料を請求できますか?

離婚相談婚姻期間や夫婦の財産、一方の有責性等から財産分与の額が少ないと認められ、また、「慰謝料を請求しない」旨の離婚協議書を交わしていなければ、財産分与を受けた後であっても慰謝料請求は可能です。ただし、慰謝料は離婚後3年以内に請求しなければ時効により消滅するので注意が必要です。

とはいえ、離婚後に夫が支払いに応じるかどうかという問題は残るので、慰謝料の有無、あるいは財産分与に慰謝料は含まれるかどうか等は離婚前に明確化しておくべき問題です。

【関連項目】
財産分与
慰謝料

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚相談FAQ > 財産分与のみ受けて協議離婚に応じました。新たに慰謝料を請求できますか?

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top