Home > 離婚相談FAQ > 父親が親権者になるのは難しいのでしょうか?

離婚相談FAQ

父親が親権者になるのは難しいのでしょうか?

離婚相談親権者はまず夫婦の話し合いで決定しますが、話し合いが成立しない場合は調停で、朝廷でも合意されなければ最終的に裁判に持ち込まれます。調停や裁判で家庭裁判所が子どもの親権を指定する場合の判断基準は、「子どもの利益と福祉のため」です。

その際、両親については、健康、経済状態、家庭環境、子どもの教育環境、子どもへの愛情の度合い、離婚の有責性等が考慮されます。
一方、子ども側の事情としては、1~10歳までは母親側、10~15歳までは子どもの心身の発育状況により意思を尊重、15歳以上では子どもの意思を尊重します。

お子様が10歳以下ならば一般的に母親が親権者と認められることが多いのが実情ですが、お子様が「父親と暮らしたい」ことを明確に意思表示できるのであれば、その意思が尊重されます。また、上記の両親の事情について、たとえば身近に子育てを支援してくれる人がいること等、「父親を親権者にした方が子どものため」と判断されれば、父親が親権者に指定されます。ですので、特にお子様が小さい場合は母親が親権者になる傾向が強いですが、父親が親権者になれないわけではありません。すべては「子どもの利益と福祉のため」です。

【関連項目】
親権と監護権

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚相談FAQ > 父親が親権者になるのは難しいのでしょうか?

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top