Home > 離婚相談FAQ > 配偶者の言葉の暴力を理由に離婚できますか?

離婚相談FAQ

配偶者の言葉の暴力を理由に離婚できますか?

離婚相談配偶者による暴力は、民法770条1項5号の婚姻を継続しがたい重大な事由にあたります。この「暴力」には肉体的虐待のほか精神的虐待も含まれますので、執拗に嫌がることを言う等、度を超えたものであれば、言葉の暴力もDVであり離婚原因として認められます。

この場合、話し合いや調停で離婚が成立せず、裁判まで持ち越す事態を想定するならば、言葉の暴力によって精神的に追い詰められ、夫婦関係が破たんしていることを示す証拠の有無が重要です。夫に言われたことを詳細に記録しておく、気付かれないように録音する等して、暴言が繰り返し吐かれた証拠を集めておきましょう。

【関連項目】
婚姻を継続しがたい重大な事由

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚相談FAQ > 配偶者の言葉の暴力を理由に離婚できますか?

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top