Home > 離婚相談FAQ > 「財産分与も慰謝料も請求しない」という念書を交わして離婚しました。この約束を解消できますか?

離婚相談FAQ

「財産分与も慰謝料も請求しない」という念書を交わして離婚しました。この約束を解消できますか?

離婚相談通常は、離婚後であっても財産分与は2年、慰謝料は3年の消滅時効にかかるまでは請求できます。しかし、「財産分与も慰謝料も請求しない」という念書を交わしてしまったことは、念書に強制力はないにしても、元夫から財産分与と慰謝料を取ることは難しいと思います。仮に裁判を提訴した場合も念書を作成した事実が不利に働くでしょう。
協議離婚の場合、相手が合意書や念書を持ち出してきたら、すぐに署名するのではなくその内容について吟味することが大切です。

【関連項目】
財産分与
慰謝料

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚相談FAQ > 「財産分与も慰謝料も請求しない」という念書を交わして離婚しました。この約束を解消できますか?

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top