Home > 離婚相談FAQ > 親権者を父、監護者を母と定めた場合、親権を持たない側はどういった点が不便でしょうか?

離婚相談FAQ

親権者を父、監護者を母と定めた場合、親権を持たない側はどういった点が不便でしょうか?

離婚相談日常の生活を送る上ではさほど不便はありませんが、法定代理人は親権者となりますので、重要書類の署名等には親権者のサインが求められることがあります。
また、財産管理権は親権者にありますので、お子様が財産を持つ場合、その管理を行うのは親権者となります。
親権、監護権を相手方と分担する場合は、離婚後も相手方の協力が必要です。協力し合うのが難しいと感じるのであれば、親権を分けることに慎重でなければなりません。
なお、親権者と違い監護権者は離婚届に記載しないので、協議離婚の場合は必ずその旨を離婚協議書または公正証書に記載しておきましょう。

【関連項目】
親権と監護権

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚相談FAQ > 親権者を父、監護者を母と定めた場合、親権を持たない側はどういった点が不便でしょうか?

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top