Home > 離婚相談FAQ > 元夫が自己破産しました。養育費の支払いはどうなるでしょうか?

離婚相談FAQ

元夫が自己破産しました。養育費の支払いはどうなるでしょうか?

離婚相談自己破産すると、それまでの債務は免責されるのが原則です。しかし、自己破産しても免責されない債務があります。養育費の支払いは、まさにその免責されない債務に該当します。減額の可能性はありますが、支払い義務そのものが免除されることはありません。以下、破産法253条が根拠規定になります。

<破産法253条>
免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権については、この限りでない。
(一~三は省略)
四 次に掲げる義務に係る請求権

 イ 民法第752条の規定による夫婦間の協力及び扶助の義務
 ロ 民法第760条の規定による婚姻から生ずる費用の分担の義務
 ハ 民法第766条(同法第749条、第771条及び第788条において準用する場合を
    含む。)の規定による子の監護に関する義務
 ニ 民法第877条から第880条までの規定による扶養の義務

養育費は上記「ハ」または「ニ」に該当するので、免責にはなりません。
当然、破産申立までにある未払いの養育費(過去分の養育費)の支払い義務も残ることになります。

【関連項目】
養育費

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚相談FAQ > 元夫が自己破産しました。養育費の支払いはどうなるでしょうか?

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top