Home > 離婚相談FAQ > 失業し、養育費を払うことができません。どうすればいいでしょうか?

離婚相談FAQ

失業し、養育費を払うことができません。どうすればいいでしょうか?

離婚相談親には未成年の子に対する生活保持義務があるので、自分の生活レベルを落としてでも養育費を支払わなければなりません。失業してしまっても養育費の支払い義務が免除されることはないのです。

とはいえ、収入が途絶えてしまっては養育費も支払いようがありません。事情を相手方に伝え、再就職が決まるまで、養育費の支払いを待ってもらうこと、あるいは減額してもらうことは可能です。
その際、待ってもらった差額の養育費の支払いや、再就職後の養育費の金額の決め方等を細かく取り決めておくことが大切です。まずは話し合いをし、話し合いが成立しなければ家庭裁判所へ養育費減額請求の調停を申し立てて下さい。
申立先は、相手方の住所地の家庭裁判所または当事者が合意して決める家庭裁判所です。

【関連項目】
養育費

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚相談FAQ > 失業し、養育費を払うことができません。どうすればいいでしょうか?

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top