Home > 行政書士とは

行政書士とは

行政書士の業務

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者です。
他人の依頼を受け報酬を得て、以下の業務を行います。
1.役所に提出する許認可などの申請書類の作成や提出手続の代理
  (例:建設業や産廃業、古物商を始める方の許可申請、著作権登録)
2.権利義務、事実証明に関する書類作成
  (例:離婚協議書離婚公正証書の案文、内容証明郵便、各種契約書)
行政書士の手がける業務には、時間や手間暇をかければ皆さまでも行えるものがあります。
しかし、日々の忙しい暮らしの中で複雑な書類の作成や収集を行い、その手続きを行うのは簡単なことではありません。
上述のような書類を作成する場面に直面されている方には、一層それが当てはまるのではないでしょうか。
つまり、行政書士の業務は、
「忙しいあなたに代わって複雑な書類を作り、申請手続きを代行します。」
というものなのです。

「相談に応じる」ということ

また、行政書士は、上記の書類作成について、依頼者の相談に応ずることを業とします。
行政書士にとってより大切なのが、この「相談に応ずる」という業務です。
「こんなときはどんな書類が必要なんだろう」「どんな手続きを進めればいいんだろう」
こういった疑問に対し、親身になって応えていくのが行政書士の大切な仕事です。
皆さまの身近な法務パートナーである行政書士を、日々の暮らしの中で是非ご活用
ください。

行政書士がお手伝いできないこと

こと民事法務においてご理解いただきたいのは、行政書士は弁護士法の規定により、
紛争状態にある相手方との交渉や、調停や裁判など司法手続きの代理は行えない
ということです。
民事分野で行政書士がお手伝いできるのは、上記司法手続のような紛争を防ぐことを
目的とした、以下の範囲です。

・ 当事者の合意事項を取りまとめた書類を作成すること
 (例:離婚協議書の作成)
・ 書類の完成に向けたサポートをすること
 (例:離婚に関する法律知識の提供、協議離婚のご相談)
・ 各種手続きのご相談に応じること、または代行すること
 (例:離婚公正証書の作成サポート)

当初より訴訟を視野に入れている場合は、弁護士へ相談されることをお勧めします。
とはいえ、すべての問題が裁判まで発展するわけではありません。
争いを望まない場合、紛争性が低いと判断される場合は、予防法務の担い手として、ぜひ行政書士へご相談ください。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 行政書士とは

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top