Home > 戸籍と姓に関する手続き

戸籍と姓に関する手続き

婚姻に際して相手方の戸籍に入った者は、離婚と同時にその戸籍から抜けることとなります。籍を抜ける側(たとえば結婚によって女性が男性の戸籍に入った場合、女性の側)は、以下のいずれかを選択し、離婚届に記入します。

矢印 結婚前の戸籍に戻る
矢印 自分自身で新しい戸籍を作る

婚姻中の姓を名乗り続ける場合は、離婚後3カ月以内「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出します。(用紙も市区町村役場でもらえます。)
離婚届と同様、本籍地以外の市区町村役場へ届出する場合は戸籍謄本が必要です(本籍地なら不要)。離婚届と同時に入手・届出することで手間が省けます。

子どもの戸籍

夫婦いずれか、籍を抜けた側が親権者になる場合も、子どもの戸籍は元配偶者の元に残ります。
たとえば、父親が戸籍筆頭者である夫婦が離婚し、母親が籍を抜けて子どもの親権者となる場合も、手続きを踏まなければ子どもの戸籍は父親の元に残ります。
籍を抜けた親権者が子どもと同一戸籍とするには、まず籍を抜けた方が新しく戸籍を作る必要があります。※手続きは、離婚届に記入することにより行います。

子どもの戸籍と姓

1.籍を抜けた親権者側へ入籍し、親権者とともに旧姓を名乗る

母が子を引きとり、ともに旧姓を名乗るような場合です。
上記の通り、籍を抜ける親権者が子どもの戸籍を自身の元に移したい場合は、親権者は新しく戸籍を作っておきます。
次に、「子の氏の変更許可申立」を行います。
申立て先は、子の住所地を管轄する家庭裁判所にて行います。
<必要な書類・費用>
 申立書、子どもの現在の戸籍謄本、父・母の戸籍謄本(離婚の記載のあるもの)、
 収入印紙800円分、郵便切手(金額は各裁判所による)

申立ての許可が下りたら、裁判所から審判書の謄本が交付されるので、この謄本を添えて市町村役場の戸籍係に「入籍届」を提出します。これで手続きは完了です。

2.籍を抜けた親権者側へ入籍し、婚姻中の姓を名乗る

母が子を引きとり、ともに婚姻中の姓を名乗り続けるような場合です。
まず母が離婚後3カ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場へ提出しなければならないのは、上述の通りです。
子の姓は変わりませんが、1.と同じく、新しく戸籍を作る手続きが必要です。
籍を抜けた親権者は新しく戸籍を作り、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」を行います。
申立ての許可が下りたら、審判書の謄本を添えて市町村役場の戸籍係に「入籍届」を提出します。
なお、子の姓だけ変えて、戸籍は元配偶者の元に残すことはできません。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 戸籍と姓に関する手続き

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top