Home > 離婚公正証書作成サポート(格安!養育費専用)

公正証書作成を格安でサポート(養育費専用)

青矢印 「慰謝料等は期待できないが、養育費だけはしっかり決めておきたい」皆さまへ
青矢印 「離婚条件が複雑でない分、格安で離婚公正証書を作成したい」皆さまへ

「親権・監護権、養育費、面接交渉の取り決めを公正証書にする上で、1人では不安があるので専門家に相談したい」という方にとって、低価格で提供できる最適なサービスであると自負しております。
【離婚公正証書作成の格安サービス費用、サービス内容】

報酬額 格安!37,800円~公証役場手数料が別途必要です
サービス内容 公正証書案文(親権監護権養育費面接交渉のみ取り決め可能)の作成、公正証書作成手続き代行(公証人との事前協議等)、公証役場予約、公正証書受け取り代理 ▼サービスの流れはこちら
対応地域 サービスの性質上、メールや電話で充分対応できますので、公正証書受け取りの代理を除き全国対応で承ります。
受け取り代理は原則大阪京都滋賀兵庫等の関西圏に限らせていただきますが、まずは一度ご相談ください。
サービス詳細 親権・監護権、養育費、お子様との面接交渉のみを離婚条件とする方に向けて、格安で離婚公正証書作成をサポートいたします。
対象 相手方に資力がなく財産分与や慰謝料は期待できないが、お子様に関する取り決め(親権・監護権、養育費、面接交渉)だけは明確にしておきたい方へ向けたサービスです。
打ち合せ方法 電話、メールにより綿密にお打ち合せを重ねて業務を進めます。
お問合せ方法 まずはお気軽にご連絡ください。
TEL:0748-70-2001 (受付時間 AM9:00~PM18:00 土日祝休)

離婚協議書や公正証書は、離婚後の人生を守る大切な契約書です。契約内容の漏れ等により後々後悔しないために、どうぞお気軽にご相談ください。

コラム:養育費の確保になぜ公正証書が必要なのか

親権・監護権、養育費、面接交渉のみ公正証書に記載

本来、当事務所へ離婚公正証書の作成についてをご依頼いただける場合は、以下の報酬が必要です。

・公正証書案文作成(32,400円)
    +公正証書作成手続き代行(21,600円)=54,000円
・さらに、公正証書の受け取りを代理(1,0800円)する場合、64,800円

>>料金の詳細はこちら

公正証書案文(離婚協議書)作成にあたって入念に打ち合わせやアドバイスを行い、ご夫婦双方に納得いただけるまで何度も内容を修正するためにこの価格設定としているのですが、中には、

矢印 「慰謝料や財産分与が期待できず、取り決めるのは親権、養育費、面接交渉程度」
矢印 「とはいえ、大切な契約なので専門家に相談しながら公正証書を作成したい」

という方も、この多数いらっしゃいます。

そういった方に向けて提供しているのが、この公正証書作成の格安サポートです。
「離婚条件がシンプルにならざるをえない以上、費用を抑えて依頼を受ける」精神で始めたサービス。まずはお気軽にご相談くださいませ。

サービスの流れ

Step1 お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL:0748-70-2001 (受付時間 AM9:00~PM18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら
業務の流れ等を説明させていただきますので、ご依頼いただくかどうかご検討ください。
※出張面談、公正証書受け取り代理については、原則、滋賀京都大阪兵庫等の
  関西圏で承っておりますが、その他の地域の方も一度ご相談くださいませ。

Step2 お見積り金額の提示

公正証書への記載内容がお子様に関する事項(親権監護権養育費面接交渉)のみである場合、公正証書の案文作成と作成手続き代行を37,800円で承ります。
※上記以外の離婚条件がある場合は、通常の離婚公正証書の作成サービス
  ご利用ください。

公正証書の作成時(Step7)にご夫婦いずれかの代理人となる場合は10,800円と当事務所・公証役場間の交通費(公共交通機関を利用した場合の往復料金)が加算となります。(別途公証役場への手数料が必要となります。)
※たとえば、作成当日ご主人の代理人となる場合の費用は、
  48,600円+当事務所・公証役場間の交通費+公証役場手数料となります。
 
ご依頼いただく場合は、報酬の全額を現金支払い、またはお振込みにより頂戴いたします。実費などの経費については予めいただく場合もあります。
※振込手数料等の支払費用はお客様負担となります。ご了承ください。

Step3 離婚協議書(公正証書の案文)の起案 【当事務所】

入金確認後、離婚協議書(公正証書の案文)を作成します。
この時点で決定している、あるいは希望する離婚条件を提示していただき、当事務所でこれに肉付けしていく形で業務はスタートします。

Step4 離婚協議書(公正証書の案文)の内容確認 【お客様】

起案した離婚協議書の内容についてご確認いただきます。
問題がなければ、公証人と公正証書作成の打ち合わせに入ります。

Step5 公証人との打ち合せ 【当事務所】

離婚協議書の内容を元に、公正証書の作成に向けて公証役場と打ち合せを行います。
ご夫婦の印鑑証明や戸籍謄本等、必要書類についてご案内しますので、ご準備ください。
公正証書作成時(Step7)にご夫婦で公証役場へお越しいただけない場合は、委任状をいただきます。

Step6 公正証書原案のご確認 【お客様】

公証役場より公正証書の原案が送付されるので、ご確認いただきます。
内容に問題がなければ、公証人との間で公正証書を完成させる日程を調整いたします。
このとき、当事務所への報酬残額と公証役場への手数料をお伝えいたします。

Step7 公正証書の完成・受け取り

ご夫婦もしくは代理人が指定の日付に公証役場に出向き、公正証書を完成させます。
公証役場より公正証書の正本と謄本が交付されます。
支払を受ける側(債権者)が正本、支払う側(債務者)は謄本を受け取り、それぞれ大切に保管してください。

公正証書の必要性

離婚に関してご相談を承っていると、養育費等を確保するために公正証書作成を希望される方が圧倒的多数であることに違いはありませんが、養育費を受け取る側であっても、手続きが面倒なのか一定の費用が必要だからか、公正証書を作成する意識が希薄な方がたまにいらっしゃいます。

そういった方に共通するのは、「相手も多分支払ってくれるだろうし面倒な手続きはなるべく避けたい」という思惑が透けて見える、根拠のない楽観と危機感の欠如です。

養育費の支払いについて公正証書を交わさない場合でも、支払いを続けてくれる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、普通の離婚協議書では、たとえば養育費の支払いが滞った場合に、その離婚協議書を元に裁判を起こさなければ、相手方に支払いを強制することはできません。
また、養育費等長期に渡る金銭支払いを離婚条件とする場合、強制執行力を債権の担保することのほか、契約関係に緊張感をもたらし円滑な金銭支払いを促すという意味合いにおいても、離婚公正証書の作成が必要であることに疑念の余地はありません。

決して安くはない費用がかかりますが、将来の不安や紛争を軽減する措置として、離婚協議書を養育費等の円滑な支払いが期待できる公正証書にしておくことを、強くお勧めいたします。逆の言い方をすれば、このような意識を持てない限りは無理に離婚を急ぐべきではありません。

コラム:養育費の確保になぜ公正証書が必要なのか

離婚公正証書を広く活用していただくために
当サービスを始めました。
まずはお気軽にご相談くださいませ。
滋賀・京都・大阪で協議離婚、離婚協議書、公正証書作成ほか離婚相談。お問い合わせはこちらからどうぞ
お客様の声
正直、周りも作成せずに離別していたのと私自身早く別れたい気持ちもありましたが…こんなに低料金で済んだのに驚き、また子供達にせめてもの金銭面でも確保出来た事、大変嬉しい限りです。
何件も携帯からですが無料相談をしていて諦めていたから尚更でした。
子供が出来た事により自分の夢は途中で諦めましたが、周りの協力を得てまた資格取得に向けて子供達と頑張っていきたいと思います(^_^)明るい母子家庭まっしぐらです♪
渡辺さん、ありがとうございました。m(__)m(埼玉県・女性)
依頼終了後にこのようなお言葉をいただくのが何よりの励みになります(^-^)
離婚条件が養育費、親権・監護権、面接交渉に限られ、当事務所とのやり取りがメール、電話のみで問題なければ、低価格で公正証書作成を全国対応で承ります。
公正証書作成手続きについては経験を積んでおりますので、迅速な対応が可能です。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚公正証書作成サポート(格安!養育費専用)

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top