Home > 旧姓に戻る場合の離婚協議書

旧姓に戻る場合の離婚協議書

離婚協議書には夫婦それぞれの署名が必要です。
しかし離婚後に旧姓に戻る場合、あるいは、子どもを親権者と同じ姓に改姓する場合、離婚協議書にはどのようにその氏名を記入すればいいのでしょうか。

離婚協議書への署名・記名は、その契約をした時点の状況で行います。
離婚成立前に離婚協議書を作成し、離婚後に旧姓に戻る手続きや子どもの改姓手続きに移るのが通常ですが、この場合、離婚協議書への署名・記名は、婚姻時、つまり署名・記名する時点の姓で行います。

離婚協議書作成後に姓が変わったとしても、離婚協議書の効力がなくなることはありません。

離婚協議書作成時と離婚後で姓が変わっていても、除籍謄本を取り寄せ、現在の戸籍謄本と紐付けることでその人物が同一であることは証明できます。

このような形で本人性が確認できる限り、離婚協議書は有効です。

【関連項目】
・ 離婚協議書の書式 : 離婚協議書の書き方
・ 離婚協議書が複数枚に渡る場合 : 離婚協議書の契印
・ 離婚後に転居する場合 : 離婚後に住所変更する場合の離婚協議書

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 旧姓に戻る場合の離婚協議書

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top