Home > 年金分割制度(平成19年4月~)

年金分割制度(平成19年4月~)

年金分割制度とは

従来の年金制度では、夫が会社員、妻が専業主婦の夫婦が離婚した場合、夫の厚生年金はすべて夫のものとなり、妻は夫の厚生年金を受給する資格がありませんでした。
そのため妻が受け取れるのは妻自身の国民年金のみと、かなり少額になってしまいます。

しかし、婚姻期間中に夫が年金保険料を支払うことができたのは妻の内助の功があってこそ。年金保険料は夫婦が共同して負担したものに違いありません。こういった観点から、離婚後に厚生年金の受給資格が夫に限られるのは不公平といえます。

そこで、2007年4月より、扶養されていた側の老後の所得保証を目的に、婚姻期間中に支払った厚生年金など、いわゆる年金の2階部分の受給権を夫婦間で分割できる制度がスタートしました。これを、年金分割制度といいます。

按分割合の取り決め

年金分割の割合(按分割合)は、受け取る側の上限を50%として、その範囲内で基本的に夫婦の話し合いにより取り決めます。話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てます。

このようにして取り決めた年金分割額は、仮に受け取る側が再婚したとしても、また、支払う側が死亡したとしても、生涯に渡り年金を受け取れます。

また、受給開始は自身が老齢に達してからです。分割の取り決め後すぐに支給されるわけではありません。

年金の受給開始時期に達したら、本来自身が受け取る年金額に上乗せして元配偶者の厚生年金・共済年金(いわゆる年金の2階部分)から分割された年金支給額を受け取ることができる、これが年金分割制度のポイントです。

【関連項目】
年金制度の仕組み
年金分割制度(平成20年4月~)
年金分割の手続き

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 年金分割制度(平成19年4月~)

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top