Home > 年金分割制度(平成20年4月~)

年金分割制度(平成20年4月~)

一律2分の1の年金分割

平成19年4月1日に施行された年金分割制度では、その分割の按分割合は夫婦が協議して決めなければなりませんでした。

平成20年4月1日からは、さらに別の分割制度が施行されます。
これは、第3号被保険者(第2号被保険者(会社員・公務員)の被扶養配偶者)からの請求により、扶養されていた期間分の年金を一律2分の1に分割できる制度です。
この分割申し立てには、夫婦の協議も家庭裁判所での調停も必要ありません。
分割割合は、一律2分の1です。

対象は平成20年4月1日以降の年金

ただし、この制度により分割できるのは平成20年4月1日以降の年金分です。
それ以前の期間の按分割合は、夫婦の協議、協議がまとまらない場合は家庭裁判所の調停により取り決めます。

たとえば、妻が第3号被保険者、夫がサラリーマンである夫婦が平成30年4月に離婚した場合、平成20年4月1日から10年分の厚生年金は手続きにより自動的に2分の1が妻に分割されますが、それ以前の厚生年金については夫婦で按分割合を決めなければなりません。

【関連項目】
年金制度の仕組み
年金分割制度(平成19年4月1日~)
年金分割の手続き

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 年金分割制度(平成20年4月~)

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top