Home > 離婚届記入時の注意点

離婚届記入時の注意点

離婚届記入にあたって、特に注意すべき項目をまとめました。

「婚姻前の氏にもどる者の本籍」

婚姻で戸籍が変わった側は、離婚の際に籍を抜けることとなります。
籍を抜ける側は、「もとの戸籍にもどる」「新しい戸籍を作る」のかを選んでチェックを入れます。
注意が必要なのは、籍を抜ける方の親が子どもを引き取る場合、「新しい戸籍を作る」を選ばなければならない点です。
1つの戸籍に入れるのは2世代までなので、自分が元の戸籍(自分の親の戸籍)に戻ってしまうと、子どもを自分と同じ戸籍に移すことができなくなります。

離婚して籍を抜けた後も婚姻中の姓を名乗り続けることは可能です。
その場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届」を別途届出することになります。
届出先は、離婚届と同じく市区町村役場です。この届は離婚後3カ月以内に行わなければならない点に注意してください。
子どもの戸籍や姓の変更は、戸籍と姓に関する手続きをご覧ください。

「届出人」

「届出人」欄は、夫婦それぞれの署名・押印が必要です。
署名は必ず本人が行うようにしてください。万一離婚の無効を訴えられたような場合、自筆かどうかが大きなポイントとなります。
また、押印は、夫婦それぞれ別の印を使わなければなりません。

「証人」

協議離婚の場合、証人は必ず2人必要です。親兄弟に頼むパターンが多いですが、20歳以上であれば誰でも構いません。一方の親夫婦等、同じ姓の者が証人になる場合、それぞれ別の印を使わなければならない点に注意してください。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

サポート内容
離婚相談(協議離婚のご相談) 離婚協議書作成
夫婦間の誓約書作成 別居合意書作成
公正証書案文作成 公正証書作成手続き代行
公正証書受取りの代理人出頭 離婚協議への立会い
★☆★お問合せは無料です。まずはお気軽にご相談ください★☆★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 離婚届記入時の注意点

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top